社会保険労務士紹介 Introduction

クリニック、病院、介護施設の労務管理と人材マネジメントをサポート!

坂上 和芳
千葉県社会保険労務士会船橋支部会員
千葉労働局所属コンサルタント
【新潟県新発田市出身】

所長プロフィール

●出版業界から士業の世界へ

 大学卒業後、都内の出版社に勤務し、わたしの社会人生活がスタートしました。勤務した出版社は2社、約15年間にわたり雑誌・書籍の編集制作業務に携わりました。2005年に独立。編集事務所を立ち上げたのを契機に、もともと関心のあったビジネス・実用書の制作にも精力的にかかわりました。ゴーストライター(出版業界では良い意味で一般的な仕事です)としても活動し、主に企業経営者、コンサルタント等の士業、医師などの本をサポートしました。
 自然の流れというか、取材や本づくりを通じて、社労士業務や医療・介護の業界に強く興味が湧いたのはこの時期です。特に医療分野に関しては、病院の仕事、病院の就業規則、看護師長のマネジメント、クレーム対応などの本の編集等を通じて、一般企業に比べて〝異様〟とも思える医療機関の人材・労務管理といったものにいっそう興味が湧きました。
 編集事務所は一旦たたみ、社会保険労務士の資格を取得し、縁あって千葉労働局所属の医療労働専門相談員(当時の職名)に就きます。その後、社労士事務所を設立し、開業社労士をしながら行政機関の仕事にかかわり、日々医療と介護の現場を歩いています。
 医療・介護の現場での勤務経験はありませんが、幅広い取材やコンサルティングを通じて多くの事例をインプットすることで、物事を俯瞰して見ることができていると感じています。「現場主義」をモットーにしているので、気になる病院や介護事業所があれば取材を申し込んで遠方でも足を運んでいます。
 趣味は山歩き。山と渓谷社に勤務していた頃とは違い、最近は主に低山歩きが中心ですが、時間を見つけては関東近郊の面白い低山を見つけて楽しんでいます。ここ数年の中では、遠方ですが鈴鹿の山々がお気に入りです。
1990年
株式会社旭屋出版
1995年
株式会社山と溪谷社
2005年
有限会社ライブワーク設立(編集事務所)
2011年
社会保険労務士資格取得
2012年
千葉労働局所属 医療労働専門相談員に就く
(2014年よりコンサルタントに変更)
同年9月
さかうえ社会保険労務士事務所設立

著書

 
『最高の職場をつくる働くルール』
(ぱる出版)2017年8月


『働きやすい職場をつくる 医療現場の労務管理』
(秀和システム)2018年1月

病院やクリニックの人材の確保・定着のためのマネジメント、労務トラブル対策まで事例を通してわかりやすく解説しました。

雑誌等

 
『ヒットラーメン店をつくろう!』
(旭屋出版) 2016年9月 (労務管理記事)

『繁盛飲食店オーナーになる本』
(旭屋出版) 2016年11月 (労務管理記事)

『病院羅針盤』(産労総合研究所)
2017年5月15日号(病院の経営課題Q&A 労務法令・前編)
2017年7月1日号(病院の経営課題Q&A 労務法令・後編)
2017年7月15日号(病院の経営課題Q&A 管理者の労働時間管理)
※2017年10月15日号より新企画で1年間連載します