こんなお悩みの方へ

職員が集まる、定着する職場環境に変えたい

医療・介護分野の人事労務マネジメントは一筋縄にはいきません。特定の国家資格保有者の限られた地域内での人材確保、職員の定着を意識した労務管理は欠かせません。労務管理は「人の管理」とも言いますが、クリニック や訪問介護施設など規模が小さいほど人の管理が重要です。

職員が働きやすい勤務形態を整備したい

時差出勤、時短勤務、夜勤の短縮などの「勤務形態の多様性」は、いこれからの医療・介護業界の働き方改革の大きなキーワードです。「働く人を大事にしてくれる施設だ」という印象を与え、人が集まり、人が定着します。多様な勤務形態を経営戦略の一つとして導入サポートします。

法改正に対応した就業規則を整備したい

医療機関や介護事業所の就業規則は驚くほど〝雑〟です。「労務トラブルが起こって初めて就業規則をちゃんと見た」というケースも多く、これでは手遅れという場面が多々あります。働く人の権利意識が強い今の時代、就業規則は時機に応じて見直しや修正が必要です。

管理者に労働時間管理の意識を持たせたい

働きやすい職場とは、ストレスのない職場です。長時間労働やサービス残業は大きなストレスですが、管理職が労働時間をマネジメントできればストレスは大幅に軽減されます。会議形式やセミナー形式、ワークショップまで、管理職向けのさまざまなセミナーや研修をサポートします。

当事務所の特徴

医療・介護業界の労務コンサルティングに特化した社会保険労務士事務所

PROFILE

BLOG