Skip to content →

〝名札〟のある山

大小山 314m(妙義山)
(だいしょうやま・栃木県)

 山頂の崖に「大小」の文字盤を掛けたユニークな佇まいで知られている栃木県の低山です。この文字盤は、江戸末期に山麓の阿夫利神社に祭られている大天狗、小天狗にちなみ、無病息災を祈願する村人の手により掲げられたといわれています。その後何度か掛け替えられて、現在はステンレス製の文字盤に復元されています。
 足利市と佐野市の県境に位置する低山ですが、岩場や急斜面が意外に多く、ロープやハシゴの付けられた場所もあるので、しっかりした登山靴を履いて登りましょう。

★information
歩行約2時間50分(休憩時間を除く)。公共交通を利用の場合、JR両毛線富田駅から登山口の阿夫利神社まで30分ほど。富田駅に有料駐車場あり。

Published in 登山

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です